34 Word小技|PDFで配布しよう。

Word小技
PDFって聞いたことありますよね。 (○>Å<)ノハィッ

今回は、WordやExcelから簡単にPDFファイルに変換する方法です。

PDFファイルは、環境に依存せず、誰もが、ファイルの中身やイメージを確認できる便利なファイル形式です。
・誰でも閲覧できる
・書き換えができない(受け取った人が勝手に内容を改変したりできない)
・ファイル容量が小さい
このようなメリットがあるわけです。(*・Д・)ナルヘソ・・・

作成したファイルの閲覧を主目的とする場合は、作成したファイルをPDFに変換して配布してやります。

方法ですが、実はいくつかの方法がありますが
今回は、エクスポートを使ったやり方をご紹介します。

手順です。
「ファイル」タブー「エクスポート」をクリック
「PDF/XPS ドキュメントの作成」から「PDF/XPSの作成」をクリック

AKIJOHO PC小技集 便利な使い方を教えます。

「PDFまたはXPS形式で発行」ダイアログボックスが開く
保存先およびファイル名をつけて、「発行」ボタンをクリック

AKIJOHO PC小技集 便利な使い方を教えます。

「発行後にファイルを開く」のチェックを入れておけば、発行した後に、PDFファイルが自動的に開いて内容を確認できる。

  • ①フォルダの確認
  • ②ファイル名
  • ③ファイルの種類(PDF or XPS)
  • ④「発行後にファイルを開く」のチェックを入れておけば、発行した後に、PDFファイルが自動的に開いて内容を確認できる。
  • ⑤オプション設定
  • ⑥発行
エクスポート(export)とは、他のアプリケーションソフトで利用できる形式でファイルを保存する事。
保存(Save)とは、作成や編集したデータを、ハードディスクなどの外部記憶装置に記憶させる操作の事。
保存方法の一つにエクスポートがあるということになります。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)