78 Word小技|読み取りパスワード

Word小技
今回は、ファイルの保護です。
パスワードを設定して、ファイルを閲覧・編集できる人を限定して文書を保護します。

見られたくない、知られたくない、そんなファイルがあったら
パスワードで保護も手段の一つとして検討できるのでないでしょうか?

パスワードは、名前を付けて保存する過程の中で行います。

では、手順です。
・リボンの「ファイル」タブー「名前を付けて保存」をクリック
・保存先のフォルダを指定する
・・・「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示される

AKIJOHO PC小技集 便利な使い方を教えます。

・ファイル名やファイルの種類を指定
・下の方にある「ツール▼」の「全般オプション」をクリック
・・・「全般オプション」ダイアログボックスが表示される

AKIJOHO PC小技集 便利な使い方を教えます。

・「読み取りパスワード」のボックスに、任意のパスワードを入力して「OK」
・「パスワードの確認」のボックスに、先ほどと同じパスワードを入力して「OK」

AKIJOHO PC小技集 便利な使い方を教えます。
AKIJOHO PC小技集 便利な使い方を教えます。

・「名前を付けて保存」ダイアログボックスに戻るので、設定の確認後、「保存」をクリック

AKIJOHO PC小技集 便利な使い方を教えます。
確認してみよう!

実際に、今保存したファイルをいったん閉じて、再度、開いてみてください。
Wordが起動して、「パスワード」を促す、ボックスが表示されていれば大丈夫。
試しに、先ほど設定したパスワードを入れてファイルが開けばOKです。 AKIJOHO PC小技集 便利な使い方を教えます。

できましたか?YE─ヽ(*´∀`*)ノ─S!!

パスワードを使うようになったら、
パスワード管理をしっかりしておきましょう。
ここでは、読み取りパスワードを設定したので、パスワードが分からなくなると
ファイルを表示することができなくなりますよ!ヽ(#゚Д゚)ノ, たいへん!

ちなみに、Excelでも同様です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)