アビリンピック岡山大会を終えて

平成25年6月29日土曜日、国立吉備高原職業リハビリテーションセンターにて9種目の県障害者技能競技大会(アビリンピック岡山大会)が開催されました。 当スクールからも、数名、審査員として参加をさせて頂いたり、課題を作成させて頂いたり、微力ながら大会に参加させて頂きました。 今年からは、種目により開催日時や場所が異なり、少しでも多くの人に参加していただけるように工夫されているのがよくわかりました。 参加者はまだまだ少ないですが、それでも例年よりもググッ~と増えたような気がしました。 今年は、科目によっては、問題も作成させて頂いたこともあり、競技大会としての目的や種目ごとの範囲の明確性、出題意図など今まであまり気にしていなかった点も多く考えさせられました。 競技大会の方は、参加者の緊張が伝わってきました。自分との闘いが一番の成果だったのではないでしょうか? 私の受け持った科目では、わからない問題があった場合の対応方法の違いが、順位に反映していたと思います。 全体の時間をどう有効活用し、与えられた課題に取り組むべきかという計画性が必要になってくるでしょう。 やみくもに進んで処理できる問題ばかりではありません。 今年、競技に参加された人も新しい人もぜひ、来年に向けて新しいスタートを踏み出しましょう。 私たちも、勉強を継続します!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)