Excel®(エクセル)表計算処理技能認定試験

   
サーティファイ認定試験
あらゆるビジネスシーンにおいて、最も活用されている表計算ソフトMicrosoft ExcelR。 そのExcelRを活用して効果的に実務を行うための能力を測定する認定試験として、1995年よりExcel表計算処理技術認定試験はスタートしました。 大学やパソコンスクールといった教育機関、企業におけるICT研修等で幅広く活用され、現在までの累計合格者数は、45万人を超えています。

講座リスト

試験科目&ヴァージョンcontents

  1. Excel 2013|2010|2007| 3級|2級|1級

ExcelR表計算処理技能認定試験について

公式サイト http://www.sikaku.gr.jp/ns/el/
Version 2010 認定基準
1級 Microsoft ExcelRを用いてビジネス社会における高度な表計算処理を行うことができる。 同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表、ビジネス帳票、データベースに関する高度な実践的技能を駆使して業務処理を効率化することができる
2級   Microsoft ExcelRを用いてビジネス社会における通常の表計算処理を行うことができる。 同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表に関する実践的な技能を有している。
3級   Microsoft ExcelRを用いてビジネス社会における簡単なワークシートの作成とデータの入力を行うことができる。 同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表に関する基礎的な技能を有している。
Version 2003-2007 認定基準
1級 Microsoft ExcelRを用いてビジネス社会における高度な表計算処理を行うことができる。 同時に、パソコン・表計算・ビジネス図表・ビジネス帳票・データベースに関する高度な実務知識を駆使して業務処理を分析し、表計算処理ソフトウェアの活用法を指導・提案できる。
2級  Microsoft ExcelRを用いてビジネス社会における通常の表計算処理を行うことができる。 同時に、パソコン・表計算・ビジネス図表に関する基礎知識を有し、初心者の操作指導ができる。
3級  Microsoft ExcelRを用いて簡単な表計算の入力と作成を行うことができる。 同時に、パソコン・表計算・ビジネス図表に関するごく基本的な知識を有する。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)